遺伝性血管性浮腫患者会(NPO法人HAEJ)公式ブログ

事務局長の今村がHAEJの活動裏話やHAEについての情報などを ゆるりとお届けいたします。

ソフトバンク通信障害のおかげ?いつでもどこでも啓発活動


12月6日、ソフトバンクの携帯がつながらなくなるという
大規模な通信障害がありました。 

ちょうどその頃私は福岡から羽田へ、
シャイアー社のメディアセミナーに参加するべく移動しており、
空港のWiFiを利用していたのでさほど影響を感じず、
ただ、「なんで圏外になっているんだろう?」
程度の感覚でした。

でも、羽田に到着してみるとやはりスマホが使えず。
タクシーでの移動中何もすることもなく。

せっかくなのでタクシーの運転手さんと
お話しすることに笑。 

私はイスラム教徒のため頭に布を巻いている
こともあって、いつでもどこでも、
タクシーに乗ると、 

「YOUは何しに?」

な質問をされることがよくあります。

普段はそれほど深く答えないのですが、
この日は暇でしたし気が向いたので、

・自分は難病患者であること
・30年以上前まで日本で唯一の患者ではないかと
 思われていたこと
・最近は400名くらい患者が見つかってきたこと
・28年ぶりに新薬が出ることになりその啓発のため
 お話をしに東京に来たこと 

などを話してみたんですね。

するとどうでしょう? 

「28年ぶりに・・」

という言葉を聴いて運転手さんが、

「え!!あの!?武田製薬に買収されたっていう、
 あーどこだったかなー外国の製薬会社」

というではありませんか笑 

「そーそーその会社の薬を使う患者です!」

と言ったら、

なんとその運転手さん、

・実は会社の同僚のお子さんが希少疾患で
・難病認定されるための署名活動を社内でしたこと
・だから難病の人に少し興味があって
・あ~~~!あなたがあの新薬を使う患者さんとは!


とすごく感動してくださって。。

がんばれーがんばれ!
って言ってもらい、

様々なニュースや報道のなかから、
こうして目に、心に留めていてくださる
方達がいるんだな、、と改めてメディアの
影響力を感じましたし、ただ自分が難病患者で
あったというだけで、こうして応援してもらえて。

とてもありがたいことだなぁ、、と。
すごく勇気をいただきました。 


ソフトバンクの通信障害はとても大変だった
方達もいると思いますが、私にとっては
そのおかげでとても良い出会いと心温まる
時間を過ごすことができました。 

運転手さん、ありがとうございます!!









製薬会社は敵なのか?遺伝性血管性浮腫(HAE)の治療と未来


すごいタイトルですが。

「製薬会社」
と聞くだけでなんだか怪しいとか、
嫌だとか思う人。多いと思うんですよね。

製薬会社が儲けるようにうんぬんとか。
製薬会社が儲けがないから薬が開発されないとか。
製薬会社と医師がくっついてうんぬんとか。
製薬会社が患者情報をうんぬんとか。

まぁあることないこと。

でもこれは私の全く個人的な考えですが、

「製薬会社は儲けて欲しい」

と思っています。 

えええ!?と思うかもしれません。

でも。企業ですからね。
正当に利益を得ることは全く問題ないと思うんです。

またその企業で働く人たちには、
家族やその人たちの人生もあるわけで。

だから真っ当に働いて
ちゃんとお給料もらうことは問題ないと思うんです。

過去には儲けが出ないために、
研究はおろか必要であったにもかかわらず、
無くなってしまった薬剤も世の中にはあります。

もちろん、患者としてその理不尽さは感じます。 

けれど赤字の中でさらにはボランティアで
薬を作ることはできないのです。 

私はむしろ企業にはしっかり稼いでもらって、
そのお金をどんどん善いことに還元して欲しいと
思うんですよね。

当然そこには研究や学会開催などのスポンサーとしても
力を発揮して欲しいと思いますし、 
啓発活動1つとってもお金がなくてはできない
ことばかりなんですよ。 

なのでうんと力をつけて、力強いサポーターで
あって欲しいなと思ったりもします。

でもそれだけではないんですよね。 

遺伝性血管性浮腫(HAE)に関わっている先生や、
別の製薬会社さん同士の話を聞いていると
必ず出てくる言葉あります。

それは、

「同志ですから」

という言葉です。

HAEは希少疾患です。
同じ県に自分と同じ患者さんと
出会うことはほとんどないでしょう。

つまりその地域の先生方にとっても、
同じ病院の中でさえ、この同じ病気を
いっしょに診て、いっしょに考え、
研究していこう!なんて先生がまったく
いない職場の中で日々診療にあたっている
先生もとても多いのです。 

そんな中で今必死に日本の医療を変えていこう。
もっと適切な環境にしていこう。

そうがんばってくださっています。

それは、

患者がいくら声を集めても、
先生方がいくら研究しようとしても
製薬会社さんがいくら良い薬を運びたくても

みんながいっしょに協力し合わないと、
うまく回らないのです。

例え良い薬があったとしても、

先生がそれを知らない
患者さんが病院へ来ない

ということがあれば全く効果を出せません。

そんなわけないでしょう。
と思うかもしれませんが、
HAEの診療は今ほとんどの人が
そういった状況です。

患者さんがもっといるはずですが、
見つかっていないのです。

見つかっていないので
先生方も見たことがなく、
例え見たとしても前例がないので
適切に治療がすぐできるわけではなく
たった1人、または数名の担当患者さんと
いっしょに試行錯誤なのです。

患者会は医師・製薬会社と共に
歩まないといけない時代だと私は思います。

製薬会社や医師主導の研究・治療ではなく、
患者がそこに入って共に考えていく。

3者がそれぞれに「同志」なのです。

儲けだけ考える人が物事を主導すれば、
不利益や理不尽さを感じる結果になるでしょう。

権利や立場ばかりを考える人が主導すれば
形だけで実益のないモノがただ存在するだけの
結果になるでしょう。

不満ばかりを考えている人が主導すれば、
皆がその人たちのために何かしようと
する気持ちを削ぐことになり、
本来の課題は見えなくなり改善は見込めくなるでしょう。 

だからこそ、3者がどのように進めていくか。
よく話し合って、それぞれの思惑の中で、
それぞれの大変さの中で、可能な限り
努力し合うことが大切だと思うのです。

今週は東京へ出張し、2度そのような会へ
お邪魔させていただきます。 

色々な人たちを巻き込みながら、
「同志」
を増やしていきたいと思います。

応援してくださいね。 











疾患啓発にメディアは有効?地域特性も視野に入れる必要性


遺伝性血管性浮腫(HAE)は希少・難病です。

希少というからには、本当に少ないわけです。

どれくらい少ないかというと現在日本で
診断されている人は400名ほどですが、
日本で400名と言ってもイマイチわかりづらいかも。

ざっと考えてあなたが住んでいる地域に、
同じ病気の人が「あなただけ」という場合もあれば、
数名いるようだが会ったことはない。
という方がイメージしやすいかと思います。

そんな希少疾患に対して、私たち患者会や
先生方は「疾患の認知度を上げよう!」とか
「診断率を上げて適切な治療を受けられるように!」
とか本気で思って日々行動しているわけですが。

個人で日々旗でも持って歩いてない限り
なかなかに限界があります・・・。 

そしてやはりメディアの影響というのは
とても大きいのです。 

たった1行「遺伝性血管性浮腫」という名前が
新聞に出るだけでもその影響力を実感として
感じることがあります。

特にHAE専門外来を立ち上げているような
先生方にとっては、こうしたメディアで紹介されると、

「私ももしかして・・」

という「ひょっとして外来」に来る患者さんが
増えるそうです。
実際に「ひょっとして外来」などという名前が
あるわけではありませんよ(笑)。


先日Global Journal of Medical and Clinical Case Reportsという
ところで、このメディアで取り上げられると、
その後にHAE専門外来を訪れる人が増えるという
結果が論文で出されました。 

タイトルは、
Mass media information can
facilitate early diagnose of hereditary
angioedema

というもので早期発見と診断にメディアの力は
一役かってくれているようです。

お見せしたいけどPDFの投稿方法が
よくわからず、、、タイトルだけですいませんT_T 


でもどうでしょう??

大手のメディアがいいのでしょうか。
新聞ならどこの新聞社が有効でしょう??

確かに大手の新聞社にHAEの記事を出して
いただいたことがあり、その反響は
とても大きかったと記憶しています。

しかし、、、。

実はそれは私の住む福岡ではあまり
読まれていない新聞で、関東の方には
とても良かった、、という印象でした。

また、メディアの影響力は瞬発力が
ものすごいあります。

出た時はものすごいのです。
でも持続力はというと少々疑問があります。

ですから、疾患啓発をメディアでしていこうと
思うのであれば、何度となく小さな記事でも
いいので、じわじわと取り上げてもらうのも
大事かもしれません。

そして欠かせないのが「ローカル新聞」の強さです。

大都市の方はあまり実感がないかも
しれませんが実は地域によっては、
「地域誌」と呼ばれるものや、
その地域で人気のある、そこに載ると信頼される、
認知度の高い新聞というものがあります。

そういった新聞で取り上げられると、
その地域に住む人にとってより身近で、
より自分のことのように感じて興味を
持ってくれると私は思います。 

というわけで。。。

これは全くの個人的な取材でしたが、
ついでに?病名も入れていただきました笑。 

こちらは河北新報さん。 

40406611_2397832016900380_3428031351348002816_n


こちらは福岡の西日本新聞社さんです。


44096790_2469774283039486_1657230706167775232_n


実はこれはどちらも同じ記事で、
取材は共同通信社の方がしたものです。

ネットで読むことができます。 

共同通信社「隣に暮らすムスリム6」

少しでも病名が目に入り、
何か啓発につながれば、、と思う次第です。



ギャラリー
  • 疾患啓発にメディアは有効?地域特性も視野に入れる必要性
  • 疾患啓発にメディアは有効?地域特性も視野に入れる必要性
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?
  • 「歴史と共に未来を描く」29年ぶりの新薬にかける想いとは?